キャラメルポップコーンの作り方|凝固したオイルの溶かし方

秘伝のオイルは、24℃以下になると凝固しますので、溶かして使用してくださいね
秘伝のオイルは、24℃以下になると凝固しますので、溶かして使用してくださいね

こんにちは  上州物産の木村です(^^)
 
 
昨日、実家の母から電話があり・・・実家で飼っていた犬が死んでしまったと。
捨て犬だった子の里親になったので、赤ちゃんのころから面倒を見ていた訳では
ないのですが、6年位飼っていたので母は悲しそうでした。。。
「もう生き物は飼いたくないな~」と言っていました(;_;)
 
限りある生命なので、生きている間にどれだけ幸せな時間を共に過ごすかが
大切ですね。
そんなことを思いながら、「いつもありがとう」と言いながら
愛犬をぎゅーーーーっと抱きしめました。(愛犬は迷惑そうに逃げましたけど 笑)
 

 
さて、ガラリと話は変わります!(^^)
 
本日は、ポップコーンマシンレンタルを初めてお使い頂くお客さまに
キャラメルポップコーンの作り方について、いくつかのポイントをお話しますね。
 
 
ポップコーンの作り方については弊社ホームページに詳細が載っているので
参考になさってくださいね(^_-)
↓  ↓  ↓
http://www.joshubussan.com/caramel_recipe.html
 
初めて作る方は、上手く出来るのかどうか心配ですよね。
ホームページに「取扱説明書通りに作れば作れなかった人はいませんのでご安心を♡!」
と、記載してもお客様からのお問い合わせで「初めてですが簡単に作れますか?」の
質問がなくなることは有りません(^_^;)
 
でも、安心してくださいね!!
分かりやすい取扱説明書が同梱されますので、取説の手順にそって作れば簡単に作れます。
 
注意点をいくつか記載しますね(^_-)
ポップコーンを作る時の気温が24℃以下の場合、秘伝のオイルが凝固しておりますので
溶かして液体にしないと作れません。
その場合は、ポットの中にいれてしまうと手っ取り早いです。
↓  ↓  ↓
キャプチャ

秘伝のオイルの使用方法は、下記手順で行ってください。
【固まっている場合は、袋のまま湯煎する】※上記のようにポットに入れてもOK!
 ↓
【ボウルに空ける】
 ↓  
【計量スプーンで量る】
 ↓ 
【ミルクカップに移す】
 ↓ 
【ケトルに入れる】
※レンジでの使用は、高温になり危険ですので絶対にお止めください。
 
屋外などで作る場合、外気温が低いとボウルに入れたオイルが再び固まってしまう
事もありますが、その時はボウルごと湯煎してください。
 
 
これからの季節でしたら、気温も高くなってくるので日中のイベントならオイルが
凝固することも少ないかと思います。
ディズニーのような香りのキャラメルポップコーンを、楽しみながら作ってみてくださいね。
それでは、又次回まで(^_^)/~

集合写真