電話でのご予約・ご質問・ご相談はこちら
予約フォームはこちらから
お客様の声
メディア掲載 お客様の声 ポップコーン機レンタル日記 イベント用ワンタッチテントレンタル専門店
小型インバーター発電機レンタル専門店

休業日着でもWEB予約フォームよりレンタルのご予約は可能です

※以下は、お客様から頂いた写真です。








HHOME > お客様インタビュー②

お客様インタビュー②   モバイル・プロモーション社(仮名)

上州物産お客様に聞く - モバイル・プロモーション社(仮名)



モバイル・プロモーション(仮名)は、携帯電話ショップや、パチンコ店などのチラシ広告をメインとする愛知県の広告代理店である。モバイル・プロモーションはチラシ広告を請け負う際、クライアントに、上州物産のキャラメルポップコーンのイベントを同時に提案している。チラシに期間限定のイベント情報を掲載すると集客効果が高まるからだという。営業課の 鳥羽匡氏(仮名)、臼杵恭子氏(仮名)にくわしく聞いた。
※ 注:
この事例には、一部、秘匿的な情報が記されているため、取材先と協議し、社名その他を仮名で記しております。

 

 


もくじ 
  1. モバイル・プロモーションの概要
  2. 携帯ショップとパチンコ店のイベントでキャラメルポップコーンマシンを活用
  3. 広告イベントにおけるキャラメルポップコーンマシンの良さ
  4. 良い点その1. 「コストが安い」
  5. 良い点その2. 「誰でも簡単に作れる」
  6. 良い点その3. 「喜んでもらえる層が広い」
  7. 良い点その4. 「生ものと違い、衛生上の事故が起きにくい」
  8. キャラメルポップコーンを作ってみた
  9. 作ってみた感想
  10. クライアントにどのように提案しているのか
  11. 上州物産への今後の期待


■ モバイル・プロモーションの概要


― ジモバイル・プロモーションの概要を教えてください。

モバイル・プロモーションは神戸に本社があり、関西を主なエリアとする広告代理店です。携帯電話販売店や、パチンコホール、不動産の企業に対するイベントの案内をしています。従業員数は152名、年商は35億円です。

携帯電話販売店をメインに、パチンコホール等の集客イベントに上州物産のキャラメルポップコーンを提案しています。


■ 携帯ショップとパチンコ店のイベントでキャラメルポップコーンマシンを活用


― モバイル・プロモーションは、携帯電話販売店(以下 携帯ショップ)やパチンコ店のイベントで、キャラメルポップコーンを具体的にどう活用しているのですか。

携帯ショップでは、来店プレゼントとして、携帯ショップに来ていただいたら、どなたにでも無料でキャラメルポップコーンを差し上げますと、チラシに掲載しています。店舗によっては、ホームページによる告知も行っています。

量販店の一部(インショップ)として、携帯ショップがある場合は、買い物帰りのお客様が、無料でふるまわれるキャラメルポップコーンによって、立ち寄ることが多いようです。

― その場合、キャラメルポップコーンだけで食べて帰ってしまうということはないですか?

ありますが、一度、お客様が来店するきっかけをもって、その携帯ショップに良いイメージをもって帰っていただくということは、後々の集客効果をもたらすと考えられます。

キャラメルポップコーンを食べながら、携帯ショップの人と会話する機会にもなり、後に「携帯電話が欲しいけど、どこで契約しようか、あ、そういえば、あそこがあった。」というように思い出してもらえる確率が高くなります。

■ 広告イベントにおけるキャラメルポップコーンマシンの良さ

― 「広告イベントにおけるキャラメルポップコーンマシンの良い点」をお聞かせください。

イベントでキャラメルポップコーンを使うことの良い点は以下のとおりです。

  1. 「コストが安い」
  2. 「誰でも簡単に作れる」
  3. 「喜んでもらえる層が広い」
  4. 「生ものと違い、衛生上の事故が起きにくい」

■ 良い点その1. 「コストが安い」


― 順々にお聞きします。イベントでキャラメルポップコーンを使うことの良い点その1. 「コストが安い」とは。

 通常の食品を扱う場合、調理師免許をもっている人が現場にいなければならないので、調理師さんの人件費が機材のレンタル代とは別にかかります。例をあげると、アイスクリーム、フランクフルト、焼きそばなどです。

その点、キャラメルポップコーンの場合は、キャラメルポップコーン自体が法律上の調理ではないので、調理をする人の人件費がかかりません

― 具体的に、金額はどれぐらい違いますか。

 土日のイベントとして、アイスクリームの場合は、出張費と材料費込みで15万、焼きそばも15万円かかります。その点、キャラメルポップコーンは、材料費込みで約5万円です。

携帯ショップで、土日のイベントにさけるコストは大体5万円前後です。キャラメルポップコーン以外のイベントで、この価格でできることは、多くはないです。


■ 良い点その2. 「誰でも簡単に作れる」


― 良い点その1. 「誰でも簡単に作れる」とは。

 キャラメルポップコーンの製造自体が簡単なので、入った直後のアルバイトにやらせることもできます。実際、あるパチンコ店では、入ったばかりのアルバイトの研修に、お客さんと直接、接する前にキャラメルポップコーンを作らせていました。

本業より、簡単ということですね。また、その作業のなかでお客さんと触れる機会ももてるので、そのアルバイトの人も仕事現場に慣れることができたそうです。

キャラメルポップコーン機は技術的な教育に時間とお金がかからないです。誰でもが簡単に、初めてでも作れるような形で送られてきます。




■ 良い点その3. 「喜んでもらえる層が広い」


― 良い点その3. 「喜んでもらえる層が広い」とは。

 キャラメルポップコーンは万人受けしやすいです。ディズニーランドの同じような味と香り、というキャッチフレーズがショップ側も、アピール対象であるお客様にとっても直感的にイメージしやすいです。実際にチラシにも、華やかなイメージを書いてお知らせできます。

また、ファミリーを対象に集客をした場合、休日の行動は、お子様中心になることが考えられます。キャラメルポップコーンの匂いや雰囲気は、お子様に対して受けがよく、提案がしやすいです。


■ 良い点その4. 「生ものと違い、衛生上の事故が起きにくい」


― 良い点その4. 「生ものと違い、衛生上の事故が起きにくい」とは?

 生の食材を使ったイベントでは、食材がいたむことも考えられます。腐ることもありますし、菌が繁殖して食中毒になれば、責任問題になります。その点、キャラメルポップコーンの場合は、油と乾燥したとうもろこしが原料で、水を使わないので、日持ちもよく、菌が繁殖しにくいようです。

食べ物なので、事故はできるだけ避けたいものです。そうした食材を扱う難しさの面でも、キャラメルポップコーンは提案しやすいイベントです。


■ キャラメルポップコーンを作ってみた


― キャラメルポップコーンを作ったことはありますか。

 あります。
 ないです。

― 実際に作ってみていただいていいですか。

 わかりました。

(※ 取材撮影用に上州物産から無料でお借りして、キャラメルポップコーンを
   作ったことがない臼杵さんに作ってもらいました。)



















■ 作ってみた感想


― 実際に作ってみていただいていかがでしたか。

はじめて作ってみたのですが、簡単でした。スイッチの場所が若干分かりにくかったですが、それ以外は、説明書通りに操作すれば、誰でもできますね。

キャラメルポップコーンを作る作業自体が楽しかったです。イベント感がでますね。

ポコポコとポップコーンが鍋から溢れてきて、甘い匂いが広がる。それにつられて、なんだなんだと人が集まってくる。その一連の臨場感が楽しかったです。

作る側が楽しいと、人も集まりやすいと思います。


■クライアントにどのように提案しているのか


― モバイル・プロモーションではキャラメルポップコーンレンタルをクライアントにどのように提案しているのですか。

 弊社がメインとしている広告媒体はチラシなのですが、チラシ広告は、イベントとセットで配布すると効果があります。そして、イベントをどう運営していいか分からないクライアントに対して、弊社はイベントも手配できる、という切り口でお伝えします。

そして、「安価に簡単にできて、お客を集められるものはないか」と尋ねられた際に、それならばご好評いただいているものに、キャラメルポップコーンレンタルがありますと言って紹介しています。

「価格はこれぐらいです」「作るのも簡単です」「ダンボールで送られてくるので、使い終わったら宅急便で送り返してください」という順序でお伝えしていますね。

― それを聞いたクライアントの反応はどうですか。

 まず「あぁ、安いね」、それから面白そうだねとおっしゃいます。


■上州物産への今後の期待


― 上州物産への今後の期待をお聞かせください。

 上州物産はキャラメル味にこだわっているとのことですが、弊社としても、他の味を試したいとは今のところ、思いません。これからも、変わらずにキャラメル味にこだわってもらえたらと思います。

 長期的にポップコーンの機械をレンタルできるようにしてもらいたい、と思っています。現状では、土日二日間レンタルして、すぐに返して、次に使うときはまた借りてという流れですが、月極めでレンタルできると提案が更にしやすいです。

短期でレンタルして、毎回、洗浄するというサイクルが衛生面で、必須かとは思いますが、工夫して、長期リースもできるようにしてもらうことを希望します。



お忙しい中、ありがとうございました。

※ おことわり
本事例に掲載しているキャラメルポップコーンの活用事例の写真は、上州物産に寄せられた「お客さま活用事例写真」からの転載であり、ジーユー・プランニングが企画したイベントの写真ではありません。読者の皆様に「イメージ」を伝えるために転載いたしました。

※ 取材日時 2008年9月
※ 取材制作:カスタマワイズ

キャラメルポップコーンマシーンは、当然台数に限りがございますので
予約は、先着順になっております。大好評にて予約殺到中。
毎年キャンセル待ちになってしまって、大変残念な思いをしてしまう
お客様が必ずいらっしゃいます。
ご予約は5ヶ月前から出来ますのでお早めに!

お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい。


予約フォームはこちらをクリック